金融関連AIGの業務内容と株式投資の税制の知識

AIGはアメリカの金融関連企業です。アメリカ国内だけでなく、海外でも業務を行っているグローバル企業になります。AIGは保険業務を主体としており、それに関連する業務を多数取り扱っています。
個人向けであれば、障害疾患や損害、生命保険のサービスを提供しています。費用や利益の損害や保険などの、中小企業向けサービスにも力を入れています。
AIGは株式を市場に公開しています。アメリカの市場で取引が行われていますが、日本国内からも、証券会社を通じて銘柄の売買が可能です。
株式投資では大きな利益を出すことができますが、投資をするからには税制についてもよく確認しておきたいところです。
株で配当金を得たり、売却益が発生した時には、税金が課せられます。2016年の税制だと、20%です。内訳は、所得税15%、住民税が5%となります。この20%に加えて、さらに復興特別所得税の0.315%が加わります。トータルでは20.315%の税金がかかることになります。
これは国内銘柄に限らず、海外銘柄を保有している場合にもあてはまります。
税制は将来変更になる可能性もありますので、ニュースなどでしっかりと確認しておくとよいでしょう。
配当金や売却益の額に関係なく、株式投資でこれらの利益が出ると、税金が発生しますので、きちんと申告をしなければなりません。しかし、証券会社などで株式投資を行なっていれば、それら会社の方で利用者の代わりに税金の計算を行い、支払ってくれるシステムが用意されています。
この手段を用いるには、源泉徴収ありの特定口座を利用します。申告が面倒だと感じるなら、このタイプの口座を作っておけば余計なことを考えずに、投資を楽しむことが可能です。